HOME分野紹介 > がん標的治療トランスレーショナルリサーチ分野

がん標的治療トランスレーショナルリサーチ分野

メンバー紹介

衣斐 寛倫
衣斐 寛倫
(えび ひろみち)
分野長
兼個別化医療センター
副センター長

プロフィール

1999年名古屋市立大学医学部卒業。1999-2001年NTT東日本関東病院研修医、2001-2003年国立がんセンター東病院化学療法科、2003-2004年名古屋第二赤十字病院呼吸器内科、2006年名古屋市立大学大学院医学系研究科博士課程修了、2007-2008年名古屋大学大学院医学系研究科分子腫瘍学分野、2008-2012年ハーバード大学・マサチューセッツ総合病院がんセンター(Jeffrey Engelman研究室)、2012年-2016年金沢大学がん進展制御研究所腫瘍内科助教。2016年-2018年同准教授(金沢大学新学術創成研究機構准教授を兼任)、2018年2月より愛知県がんセンター研究所腫瘍病理学部部長。2018年4月よりがん標的治療トランスレーショナルリサーチ分野分野長。博士(医学)

資格

日本内科学会(総合内科専門医、認定医)、日本臨床腫瘍学会(協議員、がん薬物療法専門医、指導医)、がん治療認定医機構(教育委員会委員、認定医)

主要研究テーマ

がんの分子標的治療開発(特にMAPKシグナルに異常を示す腫瘍に対する新規治療開発)、腫瘍内科学と基礎研究の融合。

メッセージ

2018年2月に着任しました。医学部を卒業してから18年間、臨床一筋に生きていくはずでしたが、基礎を行ったり来たりするうちに、両者が融合するような研究を行ってみたいと考えるようになりました。現在のスタッフは2人とも東海地方の出身ではありますが、各地での修行の場を経て当分野に赴任しており、出身や研究分野の異なる方を歓迎しております。愛知県がんセンター研究所は、中央病院と廊下一本でつながっており、臨床医の経験を生かした研究をしたい人にも、基礎研究者だけど実際にヒトの腫瘍で自分の研究がどのように結びつき役立っているか見てみたい人にも最適の場と考えます。特に腫瘍検体を用いた研究は大学にはない強みがあります。興味のある方は下記までご連絡ください。

細野 祥之
細野 祥之
(ほその やすゆき)
ユニット長

プロフィール

2003年名古屋大学医学部卒業。2003年〜2006年虎の門病院外科レジデント。2006年〜2007年仙台厚生病院呼吸器外科。2007年〜2011年名古屋大学大学院医学系研究科(呼吸器外科学分野及び分子腫瘍学講座)大学院生。2011年〜2012年同博士研究員。2013年〜2018年ミシガン大学病理部博士研究員。2018年2月より愛知県がんセンター研究所腫瘍病理学部室長。(医博)

主要研究テーマ

癌の発生・進展を調整する新規遺伝子の同定と機能解析

メッセージ

新たながん治療法の開発につながるような研究をしていきたいと考えています。ゼブラフィッシュの癌モデルを用いた研究も、引き続き行う予定です。

足立 雄太
足立 雄太
(あだち ゆうた)
主任研究員

プロフィール

2009年東京医科歯科大学医学部医学科卒業。 2010年東京医科歯科大学医学部付属病院初期臨床研修医、 2011年太田西の内病院初期臨床研修医、 2012年土浦協同病院呼吸器内科、 2014年東京医科歯科大学医学部付属病院呼吸器内科(東京医科歯科大学医歯学総合研究科博士課程に同年より在籍)、 2015年〜2018年金沢大学附属病院がんセンター(2018年博士課程修了) 、2019年4月より現職。

主要研究テーマ

癌のシグナル伝達経路の解析(特にMAPK経路に異常をきたす腫瘍)

メッセージ

クリニカルクエスチョンに答えられる研究ができるよう、日々研鑽していきたいです。

伊藤 俊成
伊藤 俊成
(いとう としなり)
リサーチレジデント

プロフィール

準備中

主要研究テーマ

準備中

メッセージ

準備中

研究所技師

・林裕子

このページのトップへ