HOME分野紹介 > がん予防研究分野

がん予防研究分野

メンバー紹介

松尾 恵太郎
松尾 恵太郎
(まつお けいたろう)
分野長
兼バイオバンク部門長

プロフィール

1996年岡山大学医学部卒業。1996-1998年亀田総合病院、1998-1999年岡山大学附属病院医員(第二内科)、1999-2002年愛知県がんセンター研究所(研修生)、2002-2003年ハーバード公衆衛生大学院疫学部(国際がん研究機関ポストドクトラルフェロー)、2003-2006年愛知県がんセンター研究所疫学・予防部研究員、2006-2008年同上主任研究員、2008-2013年同上室長、2013-2015年九州大学大学院医学研究院予防医学分野教授、2015-2018愛知県がんセンター研究所遺伝子医療研究部部長、2018年4月より現職。

主要研究テーマ

がん疫学、がん分子疫学、臨床疫学

メッセージ

疫学研究の手法を通じて、様々な分野と連携して、発がん要因の発見、発がんメカニズムの解明を通じて新たな予防法の開発につなげたいと思っています。

尾瀬 功
尾瀬 功
(おぜ いさお)
主任研究員

プロフィール

2003年岡山大学医学部卒業。2003-2005年愛媛県立中央病院。2005-2007年四国がんセンター。2007-2008年岡山大学病院。2008-2012年愛知県がんセンター研究所リサーチレジデント。2012-2017年同主任研究員。(医学博士)

主要研究テーマ

食道がん・頭頸部がんを中心としたがんの疫学研究、がんサバイバーの疫学研究、臨床疫学研究。

メッセージ

がんにならない(予防)ためにどうするべきかと、がんになってしまったら何をすべきかを共に明らかにしたいと考えて研究を行っています。

岩瀬まどか
岩瀬 まどか
(いわせ まどか)
リサーチレジデント

プロフィール

2009年高知大学医学部卒業。2009-2014年名古屋第一赤十字病院(初期研修、一般消化器・乳腺内分泌外科)、2014-2016年聖路加国際病院(放射線科、乳腺外科)、2016年-2018年愛知県がんセンター中央病院(乳腺科)、2018年より当研究所がん予防研究分野リサーチレジデント。

主要研究テーマ

乳がんの疫学

メッセージ

がんの発生や治療に関わるリスクを明らかにする手法について学び、これまでひとりひとりの患者さんから頂いた経験を活かしながら今度はより多くの女性や、未来の患者さんに貢献、還元できるような研究を目指します。

研究所技師

・春日井 由美子(かすがい ゆみこ)
・平野 京子(ひらの きょうこ)

客員研究員

・都築 忍(つづき しのぶ)
・猪子 誠人(いのこ あきひと)

連携大学院生

・石黒 淳子(D2)
・ELSHAIR Moaz Elsayed Elsayed (D1)

任意研修生

・阿部 真紀子(九州大学)
・石倉 直世(名古屋大学)
・川北 大介(名古屋市立大学)
・澤部 倫(名古屋市立大学)
・中根 英雄(トヨタ中央研究所)
・正岡 寛之(九州大学)
・鵜飼知嵩(ハーバード大学)
・杉本幸弘(名古屋大学)
※()内は所属

このページのトップへ