HOME分野紹介 > 分子遺伝学分野

分子遺伝学分野

はじめに

研究活動の概要

 2018年より始動したばかりの分子遺伝学分野では、がん細胞に後天的に生じた様々な遺伝子変化を指標に、新規がん関連遺伝子とその変化の同定、機能解析、介入法探索を行うとともに、がんの不均一性を考慮して治療効果や再発を予測する分子マーカーやその検出法の開発を行っています。また、がん予防医療研究領域の2分野と協力して、生殖細胞系列での遺伝要因による発がんリスクを低リスク要因から高リスク要因(いわゆる遺伝性腫瘍症候群の原因遺伝子)まで連続的に捉え、がん発症リスクを予測して予防に繋げるプログラムの開発と社会実装の研究を行っています。

目指すもの

 がんの体細胞変化に着目した研究では、ゲノムDNAからシグナル伝達などのパスウェイまで様々な階層での変化に着目し、がん細胞の表現型形成におけるそれらの意義を解明し、新たな診断マーカーや治療法の開発につなげ、がんの克服に貢献していきます。 がんの生殖細胞系列変化に着目した研究では、疾患発症リスクの予測に資するゲノム・エピゲノム変化の同定、リスクの評価とそのフィードバック法の開発、リスクに基づく介入による予防法開発などにより、がんの予防に貢献していきます。

+

このページのトップへ