HOME分野紹介 > システム解析学分野

システム解析学分野

はじめに

研究活動の概要

 システム解析学分野では、がんの複雑なシステムをゲノム情報等の巨大パーソナルオミクスプロファイルデータの解析を通じて理解し、得られた知見を、個人に最適な予防や治療等に役立てることを目指して研究を行っています。そのために、深層学習モデリングやベイズ統計モデリング等の、先進的なデータ科学技術に基づくデータ解析手法を開発し、スーパーコンピュータを用いた解析にフル活用しています。更に、基礎的なデータ解析手法の開発に加え、がんゲノム医療の現場で喫緊の課題となっている、エキスパートパネルにおける医療者の判断の精緻化・省力化に資する人工知能を活用した情報解析基盤技術の開発の研究も進めています。

目指すもの

 当分野のモットーは、"Data Science for Medicine"です。データ科学の力で医療へ貢献し、一人でも多くの患者さんの役に立てることを目指しています。 また医学・生命科学の分野は、今後ますますデータ科学、情報科学の力を身に着けた人材が必要とされ活躍すべき領域です。当分野が、そのような人材のインキュベーターとなることも目指しています。

+

このページのトップへ