HOME分野紹介 > 分子診断トランスレーショナルリサーチ分野

分子診断トランスレーショナルリサーチ分野

研究活動の概要

 分子診断トランスレーショナルリサーチ分野では、ヒトやマウスの血液、腫瘍組織、がん細胞株など、様々な生体材料を用いて、プロテオミクスを中心とした統合的オミクス解析を行い、新規バイオマーカーや治療標的の探索同定、さらにその臨床応用まで多岐にわたる幅広い研究を展開しています。中央病院との密接な連携と共同研究を通じて、臨床上解決すべき重要な問題点や疑問に基礎医学的なアプローチを用いて取り組む、また基礎研究から得られた成果を臨床に還元するという、双方向性の橋渡し(トランスレーショナル)研究を強力に推進しているのが、私たちの特長です。基礎から臨床まで多様なバックグラウンドを持つ研究者が、消化器がん、肺がんを中心に、がんの克服という大きな目標に向かって、一丸となって突き進んでいます。 

目指すもの

 私たちは、次の2つの重要な研究テーマに取り組んでいます。一つめは、がんの早期発見・治療個別化に有用な血液バイオマーカーの同定です。二つめは、網羅的分子プロファイリングによるがんの分子病態の解明と新規治療標的分子の同定です。根治的な早期治療が可能となる早期診断バイオマーカーの開発、進行がんの最適な治療戦略を立てるための治療個別化バイオマーカーと新規治療法の開発から、がんを克服するための新しい道を切り開き、がん診断・治療の革新を目指します。 

+

このページのトップへ