HOME分野紹介 > 個別化医療トランスレーショナルリサーチ分野

個別化医療トランスレーショナルリサーチ分野

はじめに

研究活動の概要

 ヒトの遺伝子が全て解読されたのは2000年でしたが、最近の腫瘍生物学の進歩は目覚ましく、現在はそれぞれの腫瘍の全ゲノムをしらべることは難しくなくなりました。これらの結果をもとに多くの治療薬が開発され、一部の腫瘍では特定の遺伝子変異に対して高い効果を示す薬剤が開発されています。さらに、その薬剤が効かなくなってしまった場合に、遺伝子変異をさらに検討し、その効かなくなった原因をもとに治療を進める時代になってきました。そのため、これらの治療法選択の判断には、腫瘍における遺伝子解析が必須となっています。中央病院においては、2017年にはこれらの遺伝子解析を主体として行う個別化医療センターが設立されました。これまで用いてきた遺伝子解析技術に加え、最先端の次世代型シークエンサーによる解析も加え、より詳細な遺伝子解析を行っています。しかしながら、それらの解析に加えて詳細な検討を加えなくてはならない場合や、解析方法を工夫する必要などがあり、それらの検討を行う部署として、研究所の一分野として設立されました。

目指すもの

 個別化医療センターで得られたさまざまな解析結果をもとに、幅広い腫瘍の特性を臓器横断的に見ていくとともに、遺伝子変化を診断に役立てる研究や、診断に役立つ遺伝子変化を見出すことを目的にしています。また、それらの結果や他分野で得られた知見を実際の診療に役立つ方法として確立することも大切な役割と考えています。

+

このページのトップへ