HOME概要 > 目的

目的

 がんは、長きにわたって我が国の死亡原因の第1位であり、今も年々増加している。がん対策は、わが国の最重要課題の一つと言っても過言ではない。
 がんの根本的な征圧のためには、その実態を究明して積極的な予防策を講ずるとともに、早期診断法や革新的治療法の開発や、個別的な治療最適化を実現しなければならない。これらのがん対策の推進には、より深い基礎研究を遂行するとともに、得られた研究成果の医療への還元を強く目指していかなくてはならない。
 我が国は、昭和37年に東京に国立がんセンター(現国立がん研究センター)を設置したが、これと呼応して愛知県においても、この種の専門施設のない東海地方に病院と研究所を併有した愛知県がんセンターを設置し、がん征圧の重要な拠点とすることとした。
 愛知県がんセンターは、がん患者の診断治療を行うのみならず、がんの研究機関としての研究業務を主たる設置目的の一つとしており、病院部門における臨床医学的研究と、研究所部門における基礎的或いは社会医学的な研究及びトランスレーショナルな研究が相まって、当センターの総合がんセンターとしての機能を発揮している。

このページのトップへ