このWebページでは、米、麦、大豆、野菜、果実、花、茶、畜産などの愛知県の農産物について詳しくご紹介します。
愛・地産アラカルト   サイトマップ  
トップページ
穀類・茶/cereals&tea
野菜/vegetables
果物/fruits
花/flowers
畜産/stock raising
特集
あいちの伝統野菜
いきいき愛知
愛・地産レシピ集
農作物マップ
野菜マップ
果物マップ
花マップ
畜産マップ
農作物カレンダー
野菜出荷カレンダー
果物リレーカレンダー
 
愛知の農産物の
販売情報はこちらをご覧ください。
あいちの園芸農産
園芸農産課の
トップページへ
穀類・茶/cereals&tea
米(稲)
収穫時期
8月中旬〜11月
主な産地
豊田市、西尾市、安城市、
豊橋市、一宮市
 
 愛知県の稲は、海抜ゼロメートル地域から標高700mの山間地域まで、地理的条件を生かし、多様な品種が作付けされています。
 平坦地域では、極早生(ごくわせ)品種の「あきたこまち」や「コシヒカリ」、早生(わせ)品種の「あさひの夢」や「ゆめまつり」、中生(なかて)品種の「あいちのかおりSBL」など田植え時期や収穫時期の異なる品種を組み合わせて、田植えや収穫作業を分散する工夫をしています。一方、標高の高い中山間地域で栽培される「ミネアサヒ」は、そのおいしさと出荷量の少なさから幻の米とも呼ばれています。
 愛知県内で最も多く栽培されている品種は「あいちのかおりSBL」です。この品種は大粒でおいしい「ハツシモ」に「コシヒカリ」を親とする「ミネアサヒ」を交配して育成されました。病気に強い特性があるため、農薬を減らして栽培できます。現在では県内水稲作付けの約4割を占め、学校給食用としても供給されています。

作付面積  27,600ha
収穫量  137,700t
産出額  301億円
あいちのかおりSBLの主な産地  一宮市、安城市、西尾市
コシヒカリの主な産地  豊田市、西尾市、豊橋市
(出典:平成30年産作物統計、平成29年生産農業所得統計、園芸農産課調べ)
 
 愛知県農業総合試験場が開発した「不耕起V溝直播機」によるは種作業
 育苗田植えを省略できるため、普及が進んでいる。
   米収穫の様子
▲TOPへもどる
愛知県 農業水産局農政部園芸農産課 
電話052-954-6416(ダイヤルイン)