このWebページでは、米、麦、大豆、野菜、果実、花、茶、畜産などの愛知県の農産物について詳しくご紹介します。
愛・地産アラカルト   サイトマップ  
トップページ
穀類・茶/cereals&tea
野菜/vegetables
果物/fruits
花/flowers
畜産/stock raising
特集
あいちの伝統野菜
いきいき愛知
愛・地産レシピ集
農作物マップ
野菜マップ
果物マップ
花マップ
畜産マップ
農作物カレンダー
野菜出荷カレンダー
果物リレーカレンダー
愛知の農産物の
販売情報はこちらをご覧ください。
あいちの園芸農産
園芸農産課の
トップページへ
花/flowers
サボテン
旬のころ
年中
主な産地
春日井市、南知多町、碧南市、
小牧市、稲沢市
 
大きなサボテン サボテンは、メキシコを中心とした南北アメリカ大陸の熱帯・亜熱帯に育つ多肉(葉の厚い)植物です。強い太陽や乾いた空気に適応するように、体積をなるべく大きく、逆に表面積はなるべく小さくなっています。トゲに覆われた姿はちょっとグロテスクな印象を与えますが、対照的に美しい花を咲かせる種類もあります。
  サボテンの生産で特徴的なのは、分業体制で生産されていることです。種をまいて実生(みしょう)苗を作る第1次生産農家、その苗を育てる第2次生産農家、サボテンを鉢植えにして市場へ出荷する第3次生産農家に分かれます。春日井市では実生サボテンの生産が多く、その苗から育てられたサボテンは全国に出荷されています。
  サボテン栽培のポイントは次のとおりです。  
(1) サボテンは熱帯植物と思われがちですが、そのほとんどは熱帯植物ではありませんので、冬の温度についてはそれほど神経質になる必要はありません。
(2) 乾燥には強いのですが、逆に水をやりすぎると腐ります。サボテンが枯れたと思っても、腐った場合がほとんどです。普通、一ヶ月ぐらい水やりしなくても枯れません。
(3) サボテンは日光を大変好みます。なるべく長い時間、日光浴させてあげてください。
(4) トゲがありますから、小さなお子さんのいる家では置き場所に注意してください。
温室の中   小さなサボテン
▲TOPへもどる
愛知県 農業水産局農政部園芸農産課 
電話052-954-6416(ダイヤルイン)