このWebページでは、米、麦、大豆、野菜、果実、花、茶、畜産などの愛知県の農産物について詳しくご紹介します。
愛・地産アラカルト   サイトマップ  
トップページ
穀類・茶/cereals&tea
野菜/vegetables
果物/fruits
花/flowers
畜産/stock raising
特集
あいちの伝統野菜
いきいき愛知
愛・地産レシピ集
農作物マップ
野菜マップ
果物マップ
花マップ
畜産マップ
農作物カレンダー
野菜出荷カレンダー
果物リレーカレンダー
あいちの園芸農産
園芸農産課の
  トップページへ
 
畜産/Stock raising
名古屋コーチン
旬のころ
一年中
主な産地
豊橋市、田原市、豊田市、東栄町
 
名古屋コーチン料理:「コク」のある名古屋コーチンのお肉。しゃぶしゃぶで味を堪能してください。  名古屋コーチンは愛知県を代表するブランドで、明治半ばに元尾張藩士の海部兄弟が在来の地鶏と中国から輸入された「バフコ−チン」を掛け合わせ、卵肉兼用種として作出しました。明治38年3月10日に国産実用鶏第1号として公認されて以来、100年以上の歴史を有しています。昭和30年代後半に海外から卵用鶏と肉用鶏の各専用種が導入されたことで飼育数が激減しましたが、おいしい「かしわ肉」を求める消費者のニーズが高まるにつれて、需要は年々増加しています。名古屋コーチンの種鶏は現在、愛知県農業総合試験場で改良され、愛知県畜産総合センター種鶏場で増殖し、民間のふ化場を通じて生産者へ供給されています。
  名古屋コーチンの肉は赤みを帯び、適度にしまった歯ごたえと、コクのある旨みが特徴です。近年、人気の高い卵は淡いさくら色の卵殻と濃厚でコクのある卵黄が特徴となっています。
  また、国内の地鶏の中で、唯一純粋種として供給されており、知名度、品質ともに「地鶏の王様」と評されています。
  代表的な料理としては、ひきずり(すき焼き)、味噌鍋が有名ですが、最近のなごやめしブームの中で、名古屋コーチンの親子丼や、焼き鳥にも注目が集まっています。
  卵については素材の良さを十分味わうには「卵かけご飯」がお勧めですが、最近はプリンやどらやきなどの菓子の原料としても人気が高く、その需要は年々増加しています。
  なお、国産実用鶏第1号に公認された事にちなんで、3月10日は名古屋コーチンの日として記念日登録されています。
  是非、名古屋コーチンの美味しさを体験してみてください。

 
年間実用ひな出荷羽数
(平成30年次)
肉用 95.8万羽(内、県内75.1万羽)
卵用 9.7万羽(内、県内7.7万羽)
(一般社団法人名古屋コーチン協会調べ)
飼育期間 120日から150日間
(ブロイラー(約50日間)の2倍以上)
出荷体重 雄:約2.5kg、雌:約2kg
名古屋コーチン:肉も卵もおいしい名古屋コーチン。   名古屋コーチン卵:やさしいピンク色が特徴の名古屋コーチン卵。
▲TOPへもどる
愛知県 農業水産局農政部 園芸農産課  電話 052-954-6416 (ダイヤルイン)
             畜産課     電話 052-954-6423 (ダイヤルイン)