このWebページでは、米、麦、大豆、野菜、果実、花、茶、畜産などの愛知県の農産物について詳しくご紹介します。
愛・地産アラカルト   サイトマップ  
トップページ
穀類・茶/cereals&tea
野菜/vegetables
果物/fruits
花/flowers
畜産/stock raising
特集
あいちの伝統野菜
いきいき愛知
愛・地産レシピ集
農作物マップ
野菜マップ
果物マップ
花マップ
畜産マップ
農作物カレンダー
野菜出荷カレンダー
果物リレーカレンダー
あいちの園芸農産
園芸農産課の
  トップページへ
 
野菜/vegetables
その他の野菜
さやえんどう
本県の出荷の
多い時期
2月〜4月
主な産地
豊橋市、田原市
 
ざるにたくさんのさやえんどう  えんどうの原産地は、ヨーロッパ南部、地中海沿岸と言われています。古くから、さやの中の豆だけが食べられていましたが、17世紀頃、さやを食べるえんどうの栽培が始まり、日本には江戸時代に伝えられました。
 さやえんどうの栄養は豊富で、ピーマンの2倍以上のカロチンや、トマトの3倍のビタミンCのほか、脳の老化防止に効果があると言われるグルタミン酸も含まれています。
 「おおさやえんどう」「きぬさやえんどう」など、いろいろな種類がある中で、「スナップえんどう」は、甘くて非常に歯ごたえが良く、実が膨らんでも、さやごと食べられます。
 県内の主要産地である豊橋市では、10月から4月にかけて、「スティックサラダえんどう」として出荷され、市場でも高く評価されています。熱湯でさっとゆで、冷水にくぐらせてサラダ感覚で食べると、歯切れのよい食感を楽しむことができます。
作付面積 136ha
収穫量 1,370t
産出額 13億円
作付面積:全国3位、収穫量:全国2位、産出額:全国3位
(出典:平成29年産野菜生産出荷統計、平成29年生産農業所得統計)
花   ハウスの中
▲TOPへもどる
愛知県 農業水産局農政部園芸農産課 
電話052-954-6418(ダイヤルイン)