このWebページでは、米、麦、大豆、野菜、果実、花、茶、畜産などの愛知県の農産物について詳しくご紹介します。
愛・地産アラカルト   サイトマップ  
トップページ
穀類・茶/cereals&tea
野菜/vegetables
果物/fruits
花/flowers
畜産/stock raising
特集
あいちの伝統野菜
いきいき愛知
愛・地産レシピ集
農作物マップ
野菜マップ
果物マップ
花マップ
畜産マップ
農作物カレンダー
野菜出荷カレンダー
果物リレーカレンダー
愛知の農産物の
販売情報はこちらをご覧ください。
あいちの園芸農産
園芸農産課の
  トップページへ
 
野菜/vegetables
その他の野菜
とうがん
本県の出荷の
多い時期
7月〜9月
主な産地
豊橋市
 
とうがん2個 「冬の瓜」と書く夏野菜の定番、とうがんは、冬まで貯蔵できる瓜とのことで、その名が付いています。96%が水分で、中華料理の材料として知られ、近年は低カロリーのダイエット食としても注目を集めています。
 別名を加毛宇利かもうり、トウガと言い、インド・東南アジア原産では日本では平安時代から栽培の記録があります。
 愛知県では昭和45年に沖縄から導入された「琉球とうがん」の栽培が増え、今日では沖縄県に並ぶ産地となっています。現在、全国的に流通しているものはほとんどが青い皮の「琉球とうがん」です。
 一方、県内には古くから「早生とうがん」という在来品種があり、「愛知の伝統野菜」にも選定されています。果肉が厚く、貯蔵性に富むのが特徴ですが、実が熟すと表皮に粉をふくため市場流通は少なくなってしまいました。しかし、栽培が簡単で、様々な料理法になじむヘルシーな食材であることから、家庭菜園や直売を中心に利用されています。
作付面積 23ha
収穫量 2,173t
産出額 5億円
作付面積:全国3位、収穫量:全国2位、産出額:全国1位
(出典:平成28年産地域特産野菜の生産状況、平成29年生産農業所得統計)
花ととうがん   箱の中のとうがん
▲TOPへもどる
愛知県 農業水産局農政部園芸農産課
電話052-954-6418(ダイヤルイン)