ホーム組織でさがす産業人材育成課>技能五輪・アビリンピック推進室

 産業人材育成課

 技能五輪・アビリンピック推進室

愛知県は2019年度及び2020年度
技能五輪全国大会・全国アビリンピックを開催します。

事務分掌

全国大会

国際大会

モノづくり魂浸透事業

少年少女技能大会
「アイチータ杯」

技能五輪とは

  青年技能者の技能レベルを競う技能競技大会です。

 全国大会は毎年行われ、約40職種について原則23歳以下の選手が1,200名以上出場しその技を競い合います。国際大会は2年ごとに行われ、約50職種について世界60ヶ国以上の原則22歳以下の選手が1,300名以上出場し、世界一を目指しその技を競い合います。


アビリンピック(ABILYMPICS)とは

 「アビリティ」(ABILITY・能力)と「オリンピック」(OLYMPICS)を合わせたもので、障害のある方々が日々職場などで培った技能を競う大会です。

 全国大会は毎年行われ20以上の種目に300人以上の選手が出場し、その技を競い合います。国際大会はおおむね4年に1度行われ、2016年にフランスで行われた大会では31カ国から約500名が出場しその技を競い合いました。


技能五輪アイチータお知らせ




技能五輪アイチータトピックス




全国大会ロゴマーク・スローガン

技能五輪大会ロゴマーク大会スローガン、その技に誇りと感動あいちから