1. 食品ロスの発生量

食品ロスとはまだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。
日本国内での食品ロスの発生量は約643万トン(農林水産省及び環境省「平成28年度推計」)です。
このうち、家庭から排出される食品ロスは約291万トンです。
 内訳としては、
●調理の際の過剰除去(野菜の皮の厚剥きなど食べられる部分まで過剰に除去して廃棄)
●食べ残し
●直接廃棄(消費されることなく期限を超えたことによりそのまま廃棄)
となっています。

出典:環境省資料


残りの約352万トンは食品関連事業者から排出された食品ロスです。
食品小売業からは賞味期限間近で捨てられる食品が、外食産業では食べ残しが含まれます。
賞味期限間近で捨てられる食品や外食時の食べ残しは、消費者の行動の変化により減らすことができます。



出典:農林水産省資料
※四捨五入の関係で、数字の合計が一致しないことがある。



食品ロス削減のトップページへ


愛知県環境局資源循環推進課
TEL.052-954-6234
FAX.052-953-7776