事業概要





1.背景

・愛知県は、昭和41年に一般財団法人休暇村協会の宿泊施設を渥美半島の伊良湖地区に誘致しました。

・伊良湖休暇村公園には、愛知県が整備した園地、屋外プール、キャンプ場等と一般財団法人休暇村協会が整備した宿泊施設、テニスコート、コテージ等があります。

・昭和42年に県が整備した屋外プールについては、老朽化のため平成23年度から使用できない状況となっていました。



2.目的

・本事業は、老朽化したプール施設を撤去し、三河湾国定公園内の自然公園にふさわしい施設として、全国初となる砂丘とオアシス(湧水)の再生をめざした整備をするものです。

・砂丘やオアシス、海浜性植物など、渥美半島にかつて存在した原風景を再生・保全することによって、この地域における生態系ネットワークの拠点とします。

・撤去する屋外プールのように、地元の人が気軽に遊びに来ることができる施設であるとともに観光客が多く訪れる魅力的な観光施設とします。

・自然環境保全に対する要素や観光拠点としての機能をバランスよく持ち合わせた施設を目指します。



3.全体事業計画

・総事業費  約2.7億円(環境省自然環境整備交付金及び田原市負担金含む)

・事業期間  平成25年度〜29年度の5年間



4.主な取組

事業概要パンフレット

天地返し

植生

海浜性植物

材料

ウォーキングコース



戻る