傷ついた鳥やヒナを見つけた方へ

野鳥は車や窓ガラスにぶつかるなどさまざまな要因で、怪我をすることがあります。
野鳥のヒナの場合は、強風や巣立の練習中に巣から落ちてしまうことがあります。

街の中の野鳥も自然界のルールにしたがって生きています。自然界のルールの中で生きていくことは非常に大変なことなのですが、野鳥にとってその中で生きていくことこそが本来の姿なのです。

傷ついた鳥などを見つけても、その怪我等の原因が違法行為による疑いがなければ、ちょっと残酷かもしれませんが、そのままにしておくことが自然なことなのです。

人間が必要以上にかかわることなく、人間に依存しないよう自然のままにしておくことが大切です。

それでも、自分で保護したいという方は次のような対応をお願いします。


弱っている野鳥や獣類を見つけたら!?

鳥のヒナを見つけた(拾った)場合


ヒナ以外の傷ついた鳥を見つけた(拾った)場合

戻る