木曽川旧堤防・桜並木
きそがわきゅうていぼう・さくらなみき一宮市 2

木曽川旧堤防・桜並木
木曽川旧堤防・桜並木

風景群:木曽川

場所
一宮市浅井町、葉栗、北方町
map - 木曽川堤桜

明治18年(1985)に勝間田稔県知事によって堤防一帯に植栽されました。種類はエドヒガン・シダレザクラ・ヤマザクラの3種です。明治以来各地に植えられているソメイヨシノに対して、ここは古い種類のみの群植であるのが特徴です。指定当時は1,800株もありましたが、次第に減少し、平成10年には400余本となりました。そのため、平成12年度に市制80周年記念事業で二世ザクラを市民参加のもとに植樹しました。現在一宮市域では900本余のサクラが植栽されています。現在はソメイヨシノも混在しています。 江戸時代前期に構築された御囲堤に起源を有する堤防とサクラが一体となった貴重な景観です。

推薦:一宮市

美しい愛知づくり景観資源 一宮市 木曽川旧堤防・桜並木 23203-2
愛知県愛知県ホームページへ 愛知県建設部公園緑地課 企画・景観グループ
お問い合わせ
Copyright 2009, Aichi Prefecture.