旧東海道二川宿の駒屋と東駒屋
きゅうとうかいどうふたがわしゅくのこまやとひがしこまや豊橋市 4

旧東海道二川宿の駒屋と東駒屋
場所
豊橋市二川町
map - 二川宿

江戸末期から明治・大正時代にかけて建造された商家4棟が建ち並んでいます。住居の屋号は、「駒屋」と「東駒屋」で、「東駒屋」では、かつて味噌・醤油を製造、販売していました。また、江戸末期に建造された「駒屋」は、豊橋市の有形文化財に指定され、建屋は切妻平入りで格子戸が風情を感じさせます。また建屋奥には土蔵があり、時代を髣髴させる建造物で、落ち着ける場所です。 現代社会のストレスから一時的に逃れられるタイムスリップの場としては最高の所です。

応募:山本剛生

美しい愛知づくり景観資源 豊橋市 旧東海道二川宿の駒屋と東駒屋 23201-4
愛知県愛知県ホームページへ 愛知県建設部公園緑地課 企画・景観グループ
お問い合わせ
Copyright 2009, Aichi Prefecture.