愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

今市場の獅子芝居【いまいちばのしししばい】

分類 県指定
種別 無形民俗文化財
所在地 江南市布袋今市場
開催日 10月第3日曜日
所有者等 今市場獅子芝居保存会
指定(登録)年 昭和31年(1956)
今市場の獅子芝居

今市場の獅子芝居は氏神祭礼に奉納されたほか、祝い事のある家に招かれたり、全国各地を巡業したりしたこともあったが、現在は10月の第3日曜日に氏神朝熊(あさくま)神社の拝殿(舞殿)で幣の舞を奉納している。
獅子芝居は男性が赤の長襦袢に黒の紋付きを着て、いかつい獅子頭をかぶり、女形として忠臣蔵・阿波の鳴門など歌舞伎の一場面を演ずる芸能である。それゆえ嫁獅子とも呼ばれている。寄せ太鼓で獅子芝居のあることが告げられ、芝居を演じる前にかならず幕の舞、弊の舞を舞い、五穀豊穣・悪魔払いが祈願される。
獅子芝居は尾張、三河で神事のあとの余興として始められた。義太夫・浄瑠璃などを取り入れた尾張の獅子芝居は、現愛西市諸桑の市川柳助(龍介)によって洗練され、明治の初め頃、各地に広められたと伝えられている。今市場の獅子芝居は初代今村三光が柳助の技を継いだものである。現在は役者が揃わず、実演する場合は他所から応援を頼んでいる。

前へ戻る