愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

知多半島の漁撈用具附漁撈関係帳面類【ちたはんとうのぎょろうようぐつけたりぎょろうかんけいちょうめんるい】

分類 国指定
種別 有形民俗文化財
所在地 知多市緑町 知多市歴史民俗博物館
所有者等 知多市
指定(登録)年 昭和47年(1972)
知多半島の漁撈用具附漁撈関係帳面類

知多半島は海産資源に恵まれ、古くから沿岸漁業が盛んで、さまざまな漁法が発達してきた。このコレクションは打瀬網漁と海苔養殖関係の道具を中心に、釣漁・蛸壺漁・突き漁・藻取り・肥取りなどの各種漁撈用具をはじめとして、関連する船大工道具・交易運搬道具・信仰儀礼用具などをまとめており、知多半島の沿岸漁業の全体像と地域的特色をしめしている。
打瀬網漁は、帆に風を打たせながら船を横流しにして網を引いた。効率がよいことから、伊勢湾における漁業の主力となった。知多市歴史民俗博物館では、打瀬網漁に使った打瀬船「藤井丸」も収蔵展示している。
海苔養殖は、農閑期や漁閑期の副業として明治時代末頃にはじまり、大正時代から本格化した。昭和30年頃の水平網式への移行と海苔の人工採苗により、海苔養殖は急速に発展する。

前へ戻る