愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造弥阿上人坐像(もくぞうみあしょうにんざぞう)

分類 県指定
種別 彫刻
所在地 津島市弥生町
所有者等 蓮台寺
指定(登録)年 昭和47年(1972年)
時代 南北朝
木造弥阿上人坐像

木造弥阿上人坐像

高さ86cm、桧材、寄木造(よせぎづくり)、玉眼(ぎょくがん)、彩色。
弥阿上人は文保2年(1318)に没した当寺の住職で、その30回忌に当たる貞和3年(1347)に本像を造立したものと推定される。
胎内背面下部に墨書銘がある。
「聖弥阿弥陀仏 生寿六十五 南無阿弥陀仏 貞和三年乙亥四月十八日 大仏師大夫法橋幸賢」
銘文の法橋幸賢については、武蔵国光明寺の銅造阿弥陀如来立像(重文)の背面刻銘にある幸賢と同一人物かとも考えられ、資料的価値からも貴重である。

前へ戻る