愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造地蔵菩薩立像(もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう)

分類 国・重要文化財
種別 彫刻
所在地 豊川市豊川町
所有者等 妙厳寺
指定(登録)年 大正3年(1914年)
時代 鎌倉
木造地蔵菩薩立像

木造地蔵菩薩立像

高さ共に77cm。桧材、寄木造(よせぎづくり)、彩色。
一躯は延命地蔵通有の形式で、直立して左手に宝珠(ほうじゅ)を、右手に錫杖(しゃくじょう)を持ち、面相は比較的和やかで内に暖かさを包容している。刀法に深さがあるが、鋭さは余り感じられない。むしろ重厚感を与える像である。
他の一躯は金剛宝地蔵と称せられ、左手に宝珠を、右手は垂下して与願印(よがんいん)を示している。通常、金剛宝地蔵は施無畏印(せむいいん)である。像高や面相等に類似を示すが、この方は右足を少し浮かせて左に腰を捻った動的な写実をなしている。
衣制、衣文の扱い、裾端の整え方等も比較すればそれぞれ違いがある。また上半身の変化に対し下半身は簡素である。共に鎌倉期の作であろう。

前へ戻る