愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

暮雨こう(ぼうこう)

分類 県指定
種別 建造物
所在地 名古屋市瑞穂区陽明町2-4
所有者等 三菱東京UFJ銀行
指定(登録)年 昭和38年(1963)
時代 江戸

※ 別ウインドウで開きます

主室東側から次室、寄付を望む

主室東側から次室、寄付を望む

■指定理由

暮雨こうは、野崎氏の別邸として造られ、俳人の久村暁台が求めて居宅としたもので、大正10年(1921)に現在地に移築されている。
切妻造の平家建桟瓦葺とし、庇付の建物で、江戸期における俳人の住宅として、貴重な遺構である。

■詳細解説

暮雨こうは野崎氏の別邸としてつくられ、俳人の久村暁台(きょうたい)(1732~92)が求めて居宅とする。文化年間の初めには水口屋伝兵衛が所持し、以降持主が変化して、大正10年(1921)に前津の龍門園から現在地へ移築されている。
建物は東に妻を向けた切妻造桟瓦葺の屋根に、同じく桟瓦葺の庇を付し、縁高欄を廻している。ただし今の外観は大正期の移築時に改められたもので、それまでの大屋根は茅葺で寄棟造であったことが知られている。暮雨こうの東に接して三畳半原叟(げんそう)床の茶室と、西に渡りで繋がる深三畳台目(だいめ)と、さらに水屋廊下を隔てた西側に一畳台目中板席の茶室が付属している。もともと暮雨こうについていたものではなかったらしいが、建物のつながりをうまく扱って建てられている。
主室は八畳に床脇の一畳を添え、正面(北側)東寄りに1間床を構える。床脇は無目(むめ)を入れて天井を低くし、正面に中敷居窓をあけ、その上の羽目板には透彫を施して平書院の構えとする。入側の畳縁(たたみえん)を二方に廻し、簡素な意匠の高欄(手摺)を設けて東側と南側を開放的な構成とする。東の入側の先を槫板張(くれいたばり)の濡縁(ぬれえん)と竹簀子(たけすのこ)として手摺を一段低くし、前に方形の手水鉢(ちょうずばち)を据える。簡素な構成の中に洗練された趣がある。俳人の住宅を物語る建物として、日本住宅史上珍しい存在である。(神谷昇司)

前へ戻る