愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

国宝如庵(こくほうじょあん)

分類 国・重要文化財(国宝)
種別 建造物
所在地 犬山市御門先1(有楽苑内)
所有者等 名古屋鉄道株式会社
指定(登録)年 昭和26年(1951)
時代 元和4年(1618)

※ 別ウインドウで開きます

外観

外観

■指定理由

如庵は、織田有楽が、建仁寺の塔頭である正伝院に隠居した際に、書院(旧伝法院書院)とともに建てた茶室であり、昭和47年(1972)に現在地に移された。
外観は入母屋風でこけら葺の端正な姿であり、躙口(にじりぐち)を正面に見せず左端に土間庇をつくる。
国宝となっている茶室は、如庵のほか、京都山崎の妙喜庵待庵と、大徳寺龍光院の密庵(みつたん)のみであり、茶道文化史上の貴重な存在である。

■詳細解説

内部

内部

国宝の茶室は如庵のほかに、京都の山崎にある妙喜庵待庵(たいあん)と、大徳寺龍光院内の密庵(みつたん)だけである。
外観はこけら(こけら)葺で入母屋風な端正なたたずまいを示し、躙口(にじりぐち)を正面に見せず、左端に土間庇をつくっている。土間庇の正面に2本引の腰障子を立て小部屋を設け、置刀掛を据えている。躙口に対面して正しい円でない下地窓(したじまど)をあけ、端に寄せて力竹が添えられている。袖壁にこの円窓が切られているために土間庇を広く感じさせている。
内部はほぼ四畳半の中に床を取り入れた形で、二畳半台目で、床脇に三角形の地板(鱗板・うろこいた)を敷き込んでいる。斜行する壁面ができ立体的にも特異な構えを組み立てている。この鱗板と斜行した壁面から「筋違の囲」とか「袴腰(えりこし)の数寄屋」と呼ばれ、腰張りに暦が使われ「暦張りの席」ともいう。
如庵のもう一つの独創性は、点前座(てまえざ)の中柱(なかばしら)を中心とする構成にある。それは向切の出隅に中柱を立て、風炉先(ふろさき)の壁面いっぱいに火灯形にえぐり抜いた板をはめ、点前座に明かりを取り入れている。有楽は中柱を座敷の空間構成上における床に対する中心的な要素として設定することによって、このような類のない独創的な中柱の構成とした。(神谷昇司)

前へ戻る