愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

南山学園ライネルス館(なんざんがくえんライネルスかん)

分類 国・登録文化財
種別 建造物
所在地 名古屋市昭和区五軒家町6
所有者等 学校法人 南山学園
指定(登録)年 平成10年(1998)
時代 昭和7年(1932)

※ 別ウインドウで開きます

南山学園ライネルス館正面

南山学園ライネルス館正面

■登録理由

学園創立時(当時は南山中学校)の本館で、現名称は創立者に因む。スイス人建築家ヒンデルの設計で、外壁の色合いはヒンデル好みの黄土色。玄関ポーチの円柱と外壁柱型の横目地が目を惹く。パラペットの三角切り込みは特異で類例を見ない。

登録の基準 造形の規範となっているもの

■詳細解説

内部の階段室

内部の階段室

大正11年(1922)、ローマ・カトリック教会名古屋教区がつくられた。名古屋教区長に就任したヨゼフ・ライネルス神父は、昭和区五軒家町に南山中学校を創設し、自ら校長に就任。校舎の設計をスイス系ドイツ人建築家マックス・ヒンデルに依頼。昭和7年(1932)に鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建の校舎が完成した。
校舎中央の玄関部を前に突出させ、屋上の手摺壁(てすりかべ)であるパラペットには、山形の透かしの切り込みを入れる。岩山をイメージさせる外壁のベージュ色は、落ち着いた雰囲気を醸し出す。校舎背面の低いところに運動場があるため、運動場への階段室を正面玄関の突き当たりに配置している。
現在、この建物は、創設者のライネルス神父にちなみ、ライネルス館と呼ばれている。ピオ11世館など、周辺にある南山学園の建物は、ライネルス館の意匠を継承したもので、学園としての景観の要となっている。(瀬口哲夫)

前へ戻る