愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

明治村六郷川鉄橋(めいじむらろくごうがわてっきょう)

分類 国・登録文化財
種別 建造物
所在地 犬山市内山1(明治村)
所有者等 財団法人 明治村
指定(登録)年 平成16年(2004)
時代 明治10年(1877)

※ 別ウインドウで開きます

ポニー・ワーレン・トラスの六郷川鉄橋

ポニー・ワーレン・トラスの六郷川鉄橋

■登録理由

日本最初の複線用鉄橋で、当初6連あった錬鉄製100フィートポニーワーレントラス橋の1連を移設復原。桁長約30m、桁高約3m、幅員7.5m。部材製作のリヴァプール HAMILTON'S WINDSOR IRONWORKS社と設計者の英人土木技師R.V.Boyleの銘板が残る。

登録の基準 再現することが容易でないもの

■詳細解説

日本で最初の複線用鉄道橋の一部で、錬鉄製。明治5年(1872)に鉄道が開通した当時、新橋から横浜までの路線は、工事の容易な海岸付近が選ばれた。そのため、東京湾に流れ込む数々の川を渡る橋が作られたが、大小の橋全てが木橋で間に合わされた。この六郷川橋梁の設計は全てイギリス人技師ボイルの手になり、明治8年(1875)イギリスで製作、輸入の後、お雇い外国人技師によって架橋された。
六郷川は多摩川下流の名で、大水の際に堤防内の高みも含めて流れる川幅は500mにも及ぶ。常に水が流れる部分は長さ100フィート(約30m)のポニー・ワーレン・トラス(写真の物)を6連繋ぎ、更に40フィート (約12m)のガーダー橋(上路板桁)24連を連続させ、総延長475m余の橋となった。トラス橋の幅員は7.5m、トラスの高さ約3mである。線路を受ける横桁は左右のトラスに載せるだけで、リベット等で固定される設計ではなかった。そのため、堤防と線路の角度に応じて斜めに架橋することが容易であって、現に、六郷川鉄橋は右方向へ斜めである。橋脚、橋台も斜め配置である。(西尾雅敏)

前へ戻る