愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

安久美神戸神明社神庫

分類 国登録
種別 建造物
所在地 豊橋市八町通3-17
所有者等 安久美神戸神明社
指定(登録)年 平成22年(2010)
時代 昭和5年

※ 別ウインドウで開きます

1345-1

■登録理由

拝殿南東側に神楽殿と対向して建つ。桁行5.5m梁間4.5m、鉄筋コンクリート造平屋建、正面向拝付、寄棟造桟瓦葺である。外観は土蔵風として、軒反りや隅木を作り、内部も柱型や隅木などを表す。伝統形式の土蔵を鉄筋コンクリート造で表現した神庫である。

登録の基準 国土の歴史的景観に寄与しているもの

■詳細解説

正面

正面

 神庫は、防火建築として鉄筋コンクリートを用いており、平屋建、寄棟造、桟瓦葺で、正面入口は、土庇で9尺の柱間を柱で支えている。屋根の庇の四隅は隅木を見せている。内部は、幅4.5m、奥行き5.4mで、柱間はそれぞれ2間で柱の多い堅牢なつくりとなっている。天井は、寄棟屋根にあわせた意匠としている。

前へ戻る