愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀 直胤(武蔵国)(たちなおたねむさしのくに)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和31年(1956)
時代 江戸

長さ70.7㎝ 反り1.8㎝ 元幅3.7㎝
直胤は江戸後期、いわゆる新々刀期を代表する刀工の一人。師の水心子正秀が提唱した復古刀の理念を作刀の上で実践し、本作の作意も相州伝にあることが明らかである。
茎裏中央に「花思青天」の草書体四文字を大きく掘り下げ、底に金布目象嵌を施し、尻近くに「宮」の刻印があり、熱田において奉納のため鍛造した1口と伝えている。

前へ戻る