愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀 行平(豊後国)(たちゆきひらぶんごのくに)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和31年(1956)
時代 鎌倉

長さ77.0㎝ 反り2.1㎝ 元幅2.6㎝
鎬造、庵棟。細身で重ね薄く腰反り高く先伏しごころがあり、小鋒の優美な太刀姿である。鍛えは板目肌流れて柾ごころ交じり、総体にねっとりと軟らかみがあり、白らける。刃文は細直刃で匂口がうるみ、区際大きく焼落とす。帽子は直ぐに先焼詰め風となる。腰元の櫃に真倶利迦羅の透彫を施す。茎は生ぶで掟通り、佩裏棟寄に長銘を切る。
行平は、いわゆる後鳥羽院番鍛冶の一人と伝え、鎌倉初期に活躍した豊後国英彦山の山伏鍛冶である。彼の作に彫物は常ながら、透彫はこれ唯1口と伝え、「彫貫行平」との異名が付されている。

前へ戻る