愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

瑞花唐草双鳥文五花鏡(ずいかからくさそうちょうもんごかきょう)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和43年(1968)
時代 平安末期~鎌倉初期

白銅鋳造 面径9.2㎝ 背径9.0㎝ 縁厚0.8㎝ 縁幅0.2㎝
丸形花座紐。内区は上端平面の花座紐を中心に2羽のおしどりと瑞花唐草文を表現し、外区には多少形をかえた瑞花唐草を配している。
鋳上り仕上げともに精緻でその意匠も秀れている。とくに五花形という比較的数の少い鏡形であり稀覯品といえる。
藤原末期もしくは鎌倉初期の作であろう。

前へ戻る