愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

春敲門額(しゅんこうもんがく)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和43年(1968)
時代 鎌倉
春敲門額

春敲門額

縦87.5㎝ 横43㎝
熱田神宮の東門であった春敲門(戦災で焼失)に掲げられた扁額である。全体に黒漆を塗り、一行書を彫り下げ、底に金泥を押した重厚華麗なものであったが、現状はわずかに金泥を残す程度である。
隷書体の文字は小野道風筆と伝えられる。
松平定信編の「集古十種」にも記載されている扁額で、和様の額として古いものに属する。
なお、額縁は後補である。

前へ戻る