愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

鐃鈸(建武五年在銘)(にょうばちけんむごねんざいめい)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和43年(1968)
時代 鎌倉
鐃鈸(建武五年在銘)

鐃鈸(建武五年在銘)

径28.6㎝ 総高4.9㎝ 甲盛高4.6㎝ 厚さ0.2㎝
響銅(さはり)製で、鋳造後に鍛造を加え、一部に轆轤仕上げがみられる。甲裏は槌目仕上げで、そこに以下の通り建武五年(1338)の針書銘がある。
    奉施入 熱田太神宮 鉢一具 建武五戊寅七月 日 権座主祐尊(花押)
これは、いわゆる寄進銘であり、その製作時代は形などから教王護国寺にあるもの(文保二年<1318>針銘)と同じもので鎌倉期にさかのぼるものと考えられ、現存する鐃鈸としては古いものに属する。
なお、鐃鈸とは2枚を一揃とし、読経に合わせ法要の式に用いる楽器の一種である。

前へ戻る