愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

短刀 銘 村正(たんとうめいむらまさ)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和46年(1971)
時代 室町

長さ25.7㎝ 反りわずか 元幅2.7cm
平造、庵棟。反りはほとんどなく、身幅広めにふくら枯れた短刀姿。
鍛えは板目に柾がかかる肌交じり、白ら気映りが立つ。刃文は大互の目乱れ、尖りごころの刃が交じり、匂口締まり、乱れの谷が刃先に迫り、表裏の刃文が揃う。帽子は乱れ込み、先丸く長めに返る。茎は生ぶでいわゆる「たなご腹」、尻は入山形、鑢は切り、棟寄りに特徴ある二字銘を切る。
伊勢国千子派の村正の短刀。地刃に末関風が強く表れた1口。銘も典型である。

前へ戻る