愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

明治天皇御奉弊大判(めいじてんのうごほうべいおおばん)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和47年(1972)
時代 江戸
明治天皇御奉幣大判

明治天皇御奉幣大判

2枚各縦13.5㎝ 横8.0㎝
この大判はいわゆる万延大判(1860鋳造)であるが、明治元年(1868)9月27日に、明治天皇が江戸行幸の途次、親しく熱田神宮に御参拝になり、その折に御供料として献納されたもので、熱田神宮近代史の一頁を物語る資料として貴重である。また、保存状態が極めてよく、表の墨書は鮮明で、手擦れなく金錆も出て美術的にも価値高いものである。

前へ戻る