愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀〈銘国友〉(たちめいくにとも)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 明治45年(1912)
時代 鎌倉

 長さ75.8㎝ 反り2.2㎝ 元幅2.8㎝
鎬造、庵棟。腰反りやや高く踏張があり、先は急に幅を減じ小鋒となる。鍛えは小板目つまり地沸細かにつく。刃文は直刃調小乱れで小沸つき、総体に匂口うるみごころとなる。帽子は乱れ込み小丸ごころに焼詰める。茎は生ぶ、区下の棟寄に細鏨の二字銘を切る。目釘孔一個。刀身の鎬地に奉納者の刻名がかすかに残る。神宮の宝物台帳には「熱田太神宮奉納太刀」、「嘉吉元年十二月日大宮司千秋民部少輔藤原朝臣季貞」と記されている。
作者の国友は山城国粟田口に住した鎌倉時代初期の人、後鳥羽上皇の御番鍛冶の一人に選ばれたと伝えられるが、国友在銘で現存するものは極めて少ない。細身小鋒の優美な太刀姿はこの時代を物語り、特に出来もよく国友の作風を知るには貴重である。

前へ戻る