愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀〈銘長光〉(たちめいながみつ)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 大正10年(1921)
時代 鎌倉

長さ72.1㎝ 反り2.1㎝ 元幅2.9㎝
鎬造、庵棟。少し磨上げている。鍛えは小板目整い、乱れ映りがたつ、刃文は匂口の明るい丁子乱れ。帽子は乱れ込み先小丸に返る。茎の中程に二字銘が残る。目釘穴5個。
作者の長光は鎌倉時代中期の備前国長船派の始祖光忠の子で、多くの名品を残している。この太刀は磨上ながら、地刃にその特徴がよく表れている。
安政元年(1854)12月熱田須賀町萬屋栄二が長光を寄進しているが、本作と考えられる。

前へ戻る