愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀〈無銘〉(たちむめい)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和3年(1928)
時代 鎌倉

長さ84.4㎝ 反り3.2㎝ 元幅3.4㎝
鎬造、庵棟。姿は長大で腰反り高く踏張があり、中鋒つまりごころ。鍛えは板目に杢を交えてよくつみ、映りがたつ。刃文は直刃調に互の目交じり、元はわずかにのたれ、総体に匂口締まり、明るく冴える。帽子は大丸ごころ。佩表の腰方より茎にかけて棒樋に添樋を彫る。生ぶ茎無銘で、「国不明時代鎌倉」として重要文化財に指定されているが、作風から長船真長の作との社伝がある。
真長は、光忠の子とも或は順慶長光の子ともいい、名は紀次郎と云う。技倆は順慶に次ぐ名匠として名高い。
造込は太刀が多く、まれに小太刀がある。一般に刃文は小丁子、小乱れ等で、長光に比較すると、小模様で、逆ごころがあり、また、直刃に足入る作もある。総体に刃縁が締り気味で明るく冴えるものが多い。

前へ戻る