愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

剣 銘包利(けんめいかねとし)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和5年(1930)
時代 南北朝

長さ22.6㎝
両鎬造。やや身幅広く鎬は高い。鍛えは柾目よくつみ、地沸厚くつき、地景入る。刃文は直刃調に小のたれ小互の目交じり、匂口明るく、沸つき刃中に砂流し、刃縁にほつれかかり、金筋入る。帽子は直ぐに焼幅広くなり掃かける。彫物は表裏鎬上に細樋をかく、茎は生ぶで目釘穴1個。
銘は二字銘、上の字がいわゆる「研留り」にかかりて少し不鮮明なるも包と判読し得られる。
作者包利は包永を祖とする大和国手掻派の刀工で、銘鑑に貞和(1345~50)頃とあるものに該当する。地沸厚くつき、刃にも沸深くついて明るく、ほつれて砂流しかかり、焼幅も先で広くなるなど、剣ながら手掻派の特色がよく表れている。

前へ戻る