愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

剱〈銘為清/身ニ熱田大明神宮宗久ト切付アリ〉(けんめいためきよ)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和5年(1930)
時代 鎌倉

長さ27㎝
両鎬造。わずかに寸延びて鎬低く、重ねが薄い。
地は不規則な板目肌で、刃は直刃、小乱れ、わずかに丁子ごころの刃が交じり、匂深く沸つき、ほつれ、掃かけがある。帽子は直ぐに小丸、表に丁子を1つ焼いている。
茎は生ぶ。目釘穴1個。その下に二字銘がある。
裏側下半左方平地には「熱田大神宮 宗久」と寄進切付銘がある。
剣は信仰上から作製され、殊に熱田神宮には、たくさんの剣があるが、この為清の剣には鎬区があり、古くは拵に納められていたとみられる。
作者為清は、福岡一文字派の刀工で、剣はめずらしく、その特徴が表れ難いが、手癖であろうか、さすがに処々に丁子ごころがみられる。

前へ戻る