愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀〈銘近房〉(たちめいちかふさ)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 京都国立博物館(寄託)
所有者等 個人
指定(登録)年 昭和11年(1936)
時代 鎌倉

長さ74.7cm 反り1.9cm
鎬造、庵棟、反り浅く踏張がある太刀である。鍛は小板目つみ、地沸よくつく。刃文は小乱、丁子交りで足、葉よく入り小沸つく。帽子はわずかにのたれて小丸。茎は生ぶ、先切、鑢目勝手下がり、目釘孔2。銘は上の目釘孔下棟寄りに「近房」と大振り銘がある。

前へ戻る