愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀〈銘国泰〉(たちめいくにやす)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 名古屋市博物館
所有者等 名古屋市
指定(登録)年 昭和30年(1955)
時代 南北朝

長さ74.5㎝ 反り2.4㎝ 目釘孔5個(内2個埋め)
鎬造、庵棟。鍛は小板目肌でよくつみ、わずかに流れごころ、地斑交じる。刃文は中直刃、小足わずかに入る。帽子は直ぐに小丸、茎はわずかに磨上げ、先切。銘は二字銘で、細く切っている。
作者は、鎌倉時代末期の肥後国延寿派国泰で、本作は彼の代表作の一つと言える。
この太刀は磨上げられているが、地刃ともに整った鎌倉時代末期の姿を示している。

前へ戻る