愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

梵鐘(ぼんしょう)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 知多市金沢
所有者等 八社神社
指定(登録)年 昭和34年(1959)
時代 鎌倉

総高104.5㎝ 竜頭高一八㎝ 笠高3㎝ 胴高83.3㎝ 口径63㎝ 口厚5.4㎝ 撞座径11㎝
鋳銅製。形式は通常のもので、鎌倉時代の規矩割を守り姿の美しい鐘である。乳は4段4列の簡素な形で、竜頭は時代の特徴をよく示す形をしており、池の間の一区まで刻銘がある。無装飾ながら形姿よく整い、銘文上からも貴重視すべきものである。
銘文は「美州不破郡 清水寺 奉鋳冶鐘 賢治元丁未九月廿二日 東大寺大工散位山河助清 衆徒」 とあり、宝治元年(1247)の作を示す。

前へ戻る