愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

車神社古墳出土品(くるまじんじゃこふんしゅつどひん )

分類 県指定
種別 考古資料
所在地 豊橋市植田町
所有者等 車神社
指定(登録)年 昭和34年(1959年)
時代 古墳
車神社古墳出土品

車神社古墳出土品

車神社古墳は豊橋市南部・梅田川左岸沿いの河岸段丘端に立地する全長42mの前方後円墳で、明治18年(1885)9月、神社本殿改装にあたり後円部を削平した際、銅製の鈴杏葉3個、ガラス製勾玉1個、碧玉製管玉33個、鉄製大刀1口、須恵器提瓶1口が出土した。遺物の出土した墳丘の内部主体は横穴式石室と推定されているが、削平された上に本殿が建っているため、詳細は不明である。
出土品のうち、馬具の飾り品である鈴杏葉は2個が完形品で、1個は破砕されているが鈴部分が残存していて、3個ともすべて先端と両脇に鈴の付く三鈴杏葉であったことがわかる。この鈴杏葉は、出土例の少ないもので県内では出土古墳の明らかな唯一の例である。比較的古い段階の馬具で、古墳時代後期でも5世紀後半から6世紀前半までに編年される。また、ガラス製の勾玉も赤色を呈する珍しいものである。これらは出土した時点から散逸することなく車神社に保管されてきたため、一括指定されている。
なお、墳丘は前方部がよく残り、前方部幅14m、長24m、高さ2.8mで、後円部径18mの規模である。

前へ戻る