愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

千両の銅鐸(ちぎりのどうたく)

分類 県指定
種別 考古資料
所在地 豊川市千両町
所有者等 犬頭神社
指定(登録)年 昭和38年(1963年)
時代 弥生
千両の銅鐸

千両の銅鐸

豊川市千両町糸宅の佐奈川上流の丘陵中腹で明治36年(1903)に発見された銅鐸で、高さ56.5㎝、鈕の高さ14㎝を測るものである。出土地は標高およそ90mの千両から財賀へ抜ける山道脇で、賽の神の俗称のある松の根元から出土したとの伝承がある。
本例は鈕の形態から外縁鈕式銅鐸と呼ばれる定型式銅鐸であり、やや厚手に作られている。鈕及び鰭と身の裾に近いところには鋸歯文を配し、鐸身には斜格子目の入った帯を縦横に配した袈裟襷文で表裏ともに四区画を作り出している。区画内は無文である。
県内では、小牧市北外山出土の銅鐸と本銅鐸が古い段階の部類に属し、現在のところ県内最古の銅鐸といわれている。すなわち弥生時代中期後半の段階に製作されたものと考えられている。
この佐奈川下流域では弥生時代後期になると、大形のいわゆる三遠式銅鐸が多く分布するが、その中にあって、より古い段階の銅鐸がその上流に埋められていたことは興味深い。

前へ戻る