愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

猿投灰釉短頸壷及び平瓶(さなげかいゆたんけいこおよびへいへい)

分類 県指定
種別 考古資料
所在地 愛知県陶磁美術館
所有者等 愛知県
指定(登録)年 昭和59年(1984年)
時代 平安
猿投灰釉短頸壷

猿投灰釉短頸壷

本資料は、昭和35年(1960)3月、名古星市守山区小幡牛牧字離れ松の小幡緑地公園・児童園造成中に出土したものである。灰軸短頸壷は、高さ23.8cm、口径12.4cm、最大胴径30.3cmを測る肩の大きく張ったもので、口頸部の一部と肩全面に光沢のある濃緑色の灰釉がかかる。正面(火前)部分にも灰釉がたっぷりかかっていたようだが、永年の埋土中にあって剥落し器肌が露出している。内部には火葬骨が入り蔵骨器に使用されていた。発見当時は宝珠形の鈕をもつ蓋があったがいまは存在しない。灰釉平瓶は高さ13.5cm、口径7.6cm、胴上部径25.0cmで、扁平な把手を上面につける。口頸部内面及び胴上面全体に灰釉がかかっている。ともに猿投窯特有の素地で作られた、平安時代初期、9世紀初頭の特徴的な器形をもつ優品である。
出土地は、守山東部丘陵の西端中央部を東へ入りこんだ谷奥にある丘陵突端部で、その斜面の地表下約50cmの位置に、灰釉短頸壷と平瓶及び杯が南北に並んで発見され、その南側に厚さ10cm位の灰と炭の層が30cmほどの範囲にわたってあったという。壺の周囲には灰は認められなかったという当時の発見者の言があり、焼いた場所で火葬骨を壷に入れ、その北に埋葬したのち、北側に副葬品として平瓶と須恵器の杯を置いたとみられる。但し杯は発掘中の出土で、蓋杯の身の底部だったようで、いまは失われている。

前へ戻る