愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

紺紙金字般若心経(こんしきんじはんにゃしんぎょう)

分類 県指定
種別 書跡
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和43年(1968年)
時代 鎌倉

紺紙金字 巻子本1巻 縦26.5㎝ 横66.0㎝
表紙は紺紙、金泥宝草唐草の絵があり、その間に銀箔を散らしている。見返しはちょう木共縦26.8㎝、横21.5㎝、普通見返しは三尊図が多いが、これは金泥で説法聴聞図を描き、金銀で霞を引き、山木を描く。これだけでも立派な一幅の鎌倉絵画として価値がある。料紙は紺紙銀罫を施し、金泥で般若心経を書写する。奥書はないが鎌倉時代の写経と推定されている。

前へ戻る