愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

寛永十三・四年熱田万句(かんえいじゅうさん・よねんあつたまんく)

分類 県指定
種別 書跡
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和46年(1971年)
時代 江戸

一、寛永十三年熱田万句 100帖
二、寛永十三年熱田万句追加 11帖
三、寛永十四年熱田万句(甲類) 120帖
四、寛永十四年熱田万句(乙類) 81帖
懐紙 縦35.5㎝ 横25.5㎝
寛永13年(1636)の万句は追加千句を含め原懐紙のまま完全に保存されている。このような例は連歌俳諧を通じて稀有の事といわれ、法楽万句(ほうらくまんく)興行の典型を示すものであろう。
万句は正月から5月にかけて興行されているが、これは寛永14年のも同様である。神宮を中心とした信仰と文芸の融合を象徴するもので、神宮と地域の人々との信仰文化の実態を伺いうる好資料、俳文学史上でも貴重な資料である。

前へ戻る