愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

本朝文粋(ほんちょうもんずい)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市中区
所有者等 大須観音宝生院(真福寺文庫)
指定(登録)年 明治38年(1905年)
時代 鎌倉

巻第十二 縦28㎝横963.5㎝
巻第十四 縦29㎝横14m6㎝
嵯峨天皇から後一条天皇まで17代約200年間にわたる68人の漢詩文427編を、中国の『文選』や『唐文粋』の体裁にならって藤原明衡が編集したものである。
本書は巻子本で界線があり、巻第十二は鎌倉時代初期の書写で朱墨訓点注付である。
巻首を欠いており、第1紙は月次の一部で、現存しており、本文は「前中書王髪落詞」の中途から始まっているが、諸本に多い当巻の欠字を補うことができる。巻第十四は弘安3年(1280)の書写で、本文は朱墨訓点があり、奥書に「弘安三年七月九日酉尅計書写畢幸順(花押)」とあり、さらに別筆で「正応元年夷則九日 以家説授申已訖 散木藤淳範」の追記がある。

前へ戻る