愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

弘法大師伝他(こうぼうだいしでんほか)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市中区
所有者等 大須観音宝生院(真福寺文庫)
指定(登録)年 明治38年(1905年)
時代 鎌倉~南北朝

弘法大師伝 2巻 巻子本
本文、奥書とも高野山心南院所蔵のものと同じで、元暦元年(1184)の書写奥書がある。
弘法大師伝 1冊 袋綴42枚 建久9年(1198)に書写されたものを応安8年(1375)に書写したものである。
弘法大師伝記 1巻 巻子本
弘法大師行化記の後半。貞和二年(1346)の書写である。
弘法大師行化記 1巻 巻子本
空海の事跡を年表風に記しているもので、貞和2年(1346)の書写である。墨書古訓、朱書註がある。
高野大師伝 1帖 粘葉袋、紙数12枚
奥書はないが、おそらく鎌倉末期の書写と思われる。
弘法大師御入定勘決記 2帖 粘葉装、紙数上巻24枚 下巻28枚 縦23.6㎝ 横14.8㎝
貞治3年(1364)の写本で、上巻奥書には「尾張国那古野庄安養寺の壇所」で書写したとみえる。
弘法大師御入定勘決抄 一冊 袋綴30枚 室町時代の書写である。
高野口決 1巻 巻子本
貞治6年(1367)の書写で本文に片仮名を交えている。

前へ戻る