愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

将門記(しょうもんき)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市中区
所有者等 大須観音宝生院(真福寺文庫)
指定(登録)年 明治38年(1905年)
時代 平安

縦28㎝長さ 11m70㎝ 巻子本 巻首部分を欠いている。
将門記は平将門の乱を記述した物語。乱が終わった天慶3年(940)の頃の成立と推定されている。本書は奥書により、承徳3年(1099)の写本であることが知られ、唯一の古写本で流布本の基となっている。

前へ戻る